FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィラリア薬:狂った異常高値は人を殺すよ

あらゆることで嘘をつき続けて収入に繋げている
獣医共・・・
本当に見下げ果てた連中です・・・
収入の方がペットの命より大切だと言う獣医共・・・
一体何のために小動物診療をやっているのでしょうか・・・
 
もうね、根本的に教育体制を見直した方が良いですよ・・・
 
ま、教えるのが獣医ってんだからなかなか変わりませんけどね・・・
 
で、フィラリアに関することも嘘を書きまくっています・・・
前回のはこちら↓
フィラリア薬:獣医から購入は人殺しと同じ
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/40024466.html
 
僕が叩くのは日本の小動物診療をやっている連中です・・・
嘘をついてペットを殺してまで収入を得ようとするこいつ等を
心から軽蔑します・・・
 
人間のクズで、社会のゴミです・・・<`ヘ´>
断じて許しません・・・<`ヘ´>
 
僕がこのブログに書いていることは医療医学の専門家として
そして、国際的に評価されている論文を元に書いていますので
内容が正しいことを保証します・・・
 
間違いが有ると思うなら論文ベースで反論をしてください
質問、反論は幾らでも受け付けますが、根拠のない妄想は
反論とは言いません・・・その位は分かるでしょ・・・<`ヘ´>
 
 
獣医共がやっていることは日本だけってことだらけです
日本の獣医共の異常さが分かりますね・・・
獣医の嘘・間違い:フィラリアに関するデタラメ
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39772720.html
 
 
ではフィラリアの嘘についても今までのを参照して頂きますが
今回も簡単にまとめておきましょう・・・
 
 
 
 
まず、感染率・・・
3%程度という数字も有りますね・・・
獣医共が積極的に公表しない所を見ると、おそらくは
非常に低いと考えられます・・・
もし、高いのであれば金儲けに直結ですからどんどん公表する
はずです・・・
 
次に、投与前の血液検査です・・・
全く不要です・・・
フィラリアに感染していても何の問題も有りません・・・
というより感染犬に対する治療で通常のフィラリア薬を
投与しているくらいですから何をかいわんやですね・・・
 
ミクロフィラリア、或いは成虫がが血管に詰まって死ぬとかいう
チン説を獣医共が書きなぐっていますが、そんなことで死んだ犬は
世界中に一頭も居ません・・・
 
全世界薬局で普通にフィラリア薬は買えます・・・
獣医が儲ける為だけに危険だ危険だと嘘をついて法外な
世界的に異常な高値で売り続けています・・・
 
その行為は、勿論皆さんが獣医から買うことは発展途上国の
人達を殺すことになりますよ・・・
 
人殺しになりたくなければネットで買うようにしましょう・・・
幾らでも安く手に入ります・・・<`ヘ´>
そしてそれは法的にも全く問題がありません・・・
 
 
そして、治療薬は危険だというやつ・・・
極めて安全に治療できています・・・
 
獣医は危険だ危険だと書きますが、フィラリア薬が
売れなくなることが危険なだけです・・・
 
 
 
 
世界中で行われていないことが日本の獣医療では
頻繁に見られます・・・
 
感染率が低いのに隠していること
フィラリア薬を投与する前に血液検査は不要
感染犬に投与しても全く安全、何も起きません
世界的に異常な高値で売られているだとか
そのことで発展途上国の人達を殺し続けていることだとか
治療薬も安全に治療できることとか
 
本当に日本の獣医共の危険な事と言ったら有りませんね・・・
 
 
獣医共が金の為にペットを殺しても
いや、発展途上国の人達を殺しても高値で売り続けるという
恥ずべき行為を続けている・・・
 
日本の獣医共は人間のクズ、社会のゴミです・・・
 
全て根拠を書いて論述しています・・・
フィラリアに関する真実を読んでみましょうね・・・↓
 
フィラリア薬ネットで買って社会貢献しよう(ノーベル賞)
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/40012878.html
フィラリア:愛犬問題>>>>>> 獣医共
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39890865.html
フィラリア:愛犬問題vs 獣医共2
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39865152.html
フィラリア:愛犬問題vs獣医共
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39838974.html
獣医の嘘に騙されるな:フィラリアの嘘
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39825572.html
獣医の嘘に殺されるぞ:フィラリア編
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39798781.html
獣医の嘘、フィラリアの血液検査は必要ないよ
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39785734.html
間違いだらけの動物病院診療日記:フィラリアの嘘
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39412476.html
間違いだらけの動物病院診療日記:フィラリア詐欺
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39425635.html
間違いだらけの動物病院診療日記―フィラリア利権に狂った獣医
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39438620.html
間違いだらけの動物病院診療日記:狂った獣医
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39468078.html
間違いだらけの動物病院診療日記:フィラリア検査は必要ないよ
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39506327.html
嘘・間違いだらけの獣医:フィラリア編
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39519217.html
 
 
スポンサーサイト

フィラリア薬:獣医から購入は人殺しと同じ

獣医療は何から何まで無茶苦茶ですがそれには理由が有ります・・・
 
一つは獣医に医学知識がないこと・・・
それは教育が無いので当たり前と言えば当たり前の事です・・・
勿論医療技術も教育が無いのでこれまた無茶苦茶です・・・
あらゆる所で獣医に殺されたという悲痛な声が見られますね・・・
当たりまえです・・・
 
子供に車の運転をさせたり、飛行機を操縦させれば死人が出るのは
当然なんです・・・
 
無茶苦茶な、狂った医療行為が平然と行われてしまいます・・・
狂った獣医の処方:なぜ狂うのか
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/40002407.html
獣医の嘘・間違い:フィラリアに関するデタラメ
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39772720.html
 
しかし、獣医の最も許せないのは嘘、間違いと分かっていることを
平然と付き続けていることです・・・
それがペットの命に何の関係もない間違いなら放っておいても
良いんですが
ペットを殺し続けているので警鐘を鳴らし続けているのです・・・
 
 
 
 
 
獣医共のやっていることは無茶苦茶です・・・
今回はフィラリアについても同様日本の獣医だけがやっている
世界中やられていない危険なことを紹介して
皆さんのペットが殺されないようにしましょうね・・・
 
前回のはこちら↓
フィラリア薬ネットで買って社会貢献しよう(ノーベル賞)
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/40012878.html
 
 
前回はフィラリア薬がどうして日本だけこんなに高いのか・・・
ノーベル賞受賞者の成果を貶めてでも自分達の収入の為に嘘を
付き続ける獣医共・・・
 
ノーベル賞受賞者と共同開発したメルク社が無償提供することで発展途上国の人達の命を救命していることを紹介いたしました・・・
しかし、日本の獣医が世界でも異常な高値でフィラリア薬を売っているために救命できずにいる命が多くあります・・・
 
今回はもう少し詳しく見ていきましょう・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
ノーベル賞受賞した大村教授の業績は発展途上国の人達10億人以上を救ったとされています・・・
それとは別に犬達にとってもフィラリア薬として広く普及していますね・・・
勿論ノーベル賞受賞理由は人類への貢献ですから犬のフィラリアは
オマケみたいなものですけどね・・・
人には全く効果がないとなればノーベル賞の受賞は有り得ませんね・・・
 
さて、フィラリア薬はいつもの様に日本の獣医だけが異常な高値で
売っています・・・
これ、実は世界中薬局で簡単に買えます・・・
その理由は次回又改めて書きます・・・
 
さて、簡単に手に入るとなると、流行地域ではフィラリア薬を
買いますよね・・・
 
 
 
 
ところが、日本では異常な高値で獣医が売り続けていますから・・・
その理由は「食えんようになる」と言ったとか言わなかったとか・・

 
その工作についても前回のを参照くださいね・・・<`ヘ´>
全く軽蔑という言葉以外に見当たりませんね・・・
ま、獣医共ってそんなんばっかりですから今更
驚きませんがね・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
で、結局必要もないのに処方薬に指定して超高値で売り続ける・・・
で、日本では普及しない・・・異常な高値ですからね・・・
 
そうすると、共同開発したメルク社の収益を圧迫する・・・
 
この行為が発展途上国に無償で配布し続けているメルク社の
邪魔ッたらないんですね・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
皆さんが獣医からフィラリア薬を買うことはノーベル賞受賞者の
理念に反することであり、また、発展途上国の人達を
虐殺し続けることに繋がります・・・<`ヘ´>
 
貴方は人殺しになりたいのですか・・・
貴方がフィラリア薬を獣医から一錠買うことが、人を一人殺すことに繋がるんですよ・・・
 
良いんですか、それで・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
それが嫌なら他に方法が有ります・・・
ネットで買ってください・・・
元々安いものですからネットでどんなに安いものを
買っても正規品で何の問題も有りません・・・
 
そして、法的にもネットで買うのには何の問題も有りません・・・
 
 
 
 
勿論ネットに対する信頼が有るでしょうから、どうしても嫌なら
獣医に処方箋を書かせてそれを持って薬局に行ってください・・・
薬剤師はこれを拒否できません・・・
獣医も処方箋発行を拒否できませんし、薬剤師は調剤を拒否することが出来ません・・・
 
これで、ほぼ原価で買えます・・・<`ヘ´>
 
貴方のそういう行為が発展途上国の人達を救うことに
なるのです・・・・<`ヘ´>
 
皆さんが、人を殺したくなければ
一にネットで、
二に薬局
 
一にネットで、
二に薬局
ですよ・・・<`ヘ´>
 
皆さんも人殺しにはなりたくないでしょ・・・
 
世界的に異常な高値で売り続ける獣医から買うことは
発展途上国の人達を殺すことと同義であることを
紹介いたしました・・・
 

フィラリア薬ネットで買って社会貢献しよう(ノーベル賞)

北里大学特別栄誉教授の大村智さんは、アフリカなどを中心に広がる寄生虫が原因の感染症「オンコセルカ症」などの特効薬となる化学物質を発見し、多くの人を失明から救ったなどとして、ことしのノーベル医学・生理学賞の受賞者に選ばれました。大村さんは14日、横浜市で開かれているバイオ産業の発展をテーマにした会議に招かれ、受賞決定後初となる講演を行いました。
また大村さんは、アフリカを訪れた時、オンコセルカ症で失明した大人が『自分たちの子どもが同じような病気にかからなくなったことはうれしい』と語っていたことを話し、みずからの研究成果が多くの人の役に立ったことの喜びを語っていました。
 
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
今年もノーベル賞、日本人がとりましたね・・・
 
これだけ多いと将来も引き続いて受賞できるのかどうか
不安になって来ますね・・・
 
さて、今年の医学生理学賞には大村教授が選ばれましたね・・・
 
非常の多くの人達を失明から救った・・・
10億人以上の人命を救ったとされていますね・・・
これは大きいですよね・・・
 
さて、今回問題にするのは、イベルメクチンという薬
これはフィラリア薬ですね・・・
 
前回のはこちら↓
フィラリア:愛犬問題>>>>>> 獣医共
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39890865.html
 
さて、フィラリアに関しても獣医共は嘘ばっかり書いていますね
フィラリア陽性犬にフィラリア薬を投与したら危ないから
血液検査が必要だと書いていますが・・・
これ、嘘です・・・
 
これはフィラリア薬を勝手に買わないように獣医共が
考え出した嘘です・・・
 
もうね、日本の獣医共ってペットの命はどうでも良い、
金が大切だって人間のクズです・・・
 
 
 
 
で、今回はフィラリア薬を開発したこの大村教授・・・
 
ところがこの薬、日本の獣医にとっては危険極まりない薬だって
散々宣伝してきました・・・・
 
当初イベルメクチンは一般薬として販売されていました・・・
ところが特許が切れるとなると価格競争が始まり値崩れします・・・
 
そこで、獣医共が考えたのが処方薬に指定してしまえ・・・
で、フィラリア薬は危険極まりない薬なので処方薬にしようと・・・
 
大村教授の偉業、ノーベル賞に値するような研究すら自分達の利益の
ためにはこき下ろして貶してしまう獣医共・・・
 
今になってフィラリア薬は安全だというのなら処方薬指定を
外せばいいんですよ・・・
ところが利益を守るためにそれは出来ない・・・
 
なんと浅ましいことよ・・・<`ヘ´>
 
 
 
 
その経緯についてはこちら↓
フィラリア予防の知識
http://dogs.parasite.jp/heartworm/unfairprice.html
 
世界的にみれば、イベルメクチンの用途として無視できないのが、アフリカと中米の風土病で沢山の人間を失明に追いやっているオンコセルカ(河盲症=ブヨが媒介するフィラリア症の一つ)の特効薬であることです。
北里から特許を取得したメルク社では、この風土病を撲滅するために今まで数千万人分のイベルメクチンを無償・無制限で提供し続けています。(北里もこの分の特許使用料は放棄しました。)
この話に触れるたびに、\60の仕入原価の製品を\1,000以上で販売する日本の動物病院との「志」の違いを感じます。
 


メルク社も大村先生も北里大学も特許料を放棄して人類の為に
尽くしている・・・
それに対して日本の獣医共のなんと浅ましいことよ・・・
情けない・・・
軽蔑という言葉以外に見つかりませんな・・・<`ヘ´>
 
 
メルク社や北里大学の社会貢献活動には頭が下がりますが、上記リンク先の動物病院ではこの崇高な試みをすら、自分達のフィラリア予防薬の暴利体質を正当化することに利用しています。
 
この獣医師は、メルク社のフィラリア予防薬(ハートガード・日本名カルドメック・ご存知の方も多いと思い ます。)を動物病院が高値安定で販売することは、メルク社の利益になり、ひいてはオンコセルカ撲滅に役立つと言っています。。
それを言うのであれば、この動物病院が法外な価格(自称高値安定)を取り下げて適正価格で販売すれば、もっと多くの犬がフィラリア予防薬を与えてもらえて、ひいてはメルク社の利益も増え、社会貢献活動にも役立つではないですか?
 
メルク社にしてみれば獣医が安く売って数を売ってくれた方が利益が出る
獣医が高く売って獣医が設けたからってメルク社の利益にはなりません・・・
 
要するに獣医が世界的に適正な安い価格で売ればもっとメルク社の
利益が出てメルクも社会貢献をさらにできるはずですね・・・
 
日本の獣医共はノーベル賞受賞者大村教授が開発したフィラリア薬を
危険極まりない薬だと喧伝し、のみならず、ボッタくり値で
売ることでメルク社の利益を阻害して、
結果多くの社会貢献の邪魔を、ノーベル賞受賞者の社会貢献の、
多くの人命救助の邪魔をしている・・・
 
大村教授のノーベル賞受賞を契機として
獣医共がフィラリア薬を高値で売ることがどれ程人類の、
人命救助を阻害し続けているのか知るべきでしょう・・・
 
この浅ましくも恥ずかしい行為を日本人全体が知ることになれば
良いのではないでしょうか・・・
 
メルク社は薬が売れれば良いので、フィラリア薬を買う場合は
ネットで買えば安いですからネットで買いましょう
それが出来ない人は、処方箋を持って薬局に行けば激安で
出てきますからね・・・
 
それがひいては日本人ノーベル賞受賞者の志に寄与することになり
更には人類への貢献になります・・・
 
獣医がフィラリア薬を高値で売り続けること、
貴方が獣医でフィラリア薬を買うことは
後進国への援助を出来なくする、人命救助を阻害することに
直結します・・・
 
皆さんもフィラリア薬はネットで買って、
それが嫌なら処方箋を持って薬局で買って人類に貢献しましょう・・・

獣医から高値買うという世界でも異常な状況は社会貢献、
人命救助の放棄に手助けすることに繋がりますから注意が
必要ですね・・・
 

狂った獣医の処方:なぜ狂うのか

愛犬問題のトップページはこちら↓
愛犬問題 http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/
 
僕と「愛犬問題」の役割についてはこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37499056.html
 
愛犬問題さんと獣医のvsはこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/MYBLOG/yblog.html?m=l&sk=0&sv=%B0%A6%B8%A4%CC%E4%C2%EA&p=1
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/MYBLOG/yblog.html?m=l&sk=0&sv=%B0%A6%B8%A4%CC%E4%C2%EA&p=2
 
獣医療の無茶苦茶に関してはこちら↓
獣医の嘘・間違い:フィラリアに関するデタラメ
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39772720.html
 
愛犬問題ブログをぼろくそに書いているのは獣医です
獣医療の不都合な真実を暴露しているのが愛犬問題であり僕です
 
獣医達は嘘を作り上げて収入に繋げてきた・・・
それが嘘であることを暴露されて収入がなくなってしまうことを
異常に怖れている・・・
 
だから愛犬問題をこき下ろす
しかし、僕が書いてきたようにあらゆることで愛犬問題に完敗しています
   
先週に続いて順に見ていきましょう・・・
前回のはこちら↓
獣医の処方で殺される:ここまで無茶苦茶か
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39988051.html
 
ある人が下痢血便で獣医に連れて行ったら処方されたのは
「処方された薬の名前は、サラゾピリン、ミヤBM、フラジールです。」
 
という薬・・・
これがいかに無茶苦茶なのかを示しました・・・
 
サラゾピリンは潰瘍性大腸炎という病気に
フラジールはアメーバ赤痢などに使うもので
いずれもその病気だと確定的に診断(確診)が出来て初めて
専門医が処方するものです・・・
 

愛犬問題さんが書いている通り
「獣医が処方した薬を全部服用していたら、おそらく、愛犬は、いまだに回復してないか、最悪の場合は死亡していたでしょうね。」
 
ということになりますね・・・
 
 
 
では、どうしてこんな無茶苦な処方を獣医はしてしまうのでしょうか・・・
 
獣医の医療レベルは医者から見たら幼稚園児レベルです・・・↓
医者になった獣医が判定する獣医療レベル
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39451326.html
 
獣医にはちゃんとした医学教育、知識がありません
それは獣医から医者に成った人が明言しています・・・
 
この獣医がこれ程無茶苦茶な処方をしてしまう理由は
自分の無知さえ知らない、トンデモナイ獣医だからです・・・
 
 
 
獣医は医学教育を受けませんから独学で適当に獣医療を
行うしか有りません・・・
そうすると自信を持ってしまうんですね・・・
何か特殊なことが出来る様な気分に成る・・・
 
自分は大したものではないかと勘違いしてしまう・・・
 
小学校一年生が足し算を覚えて自分は数学が良く出来ると
勘違いするというのと同じ現象が獣医に起きています・・・
 
 
 
獣医が出来るのは極めて低レベルで、線結びしか出来ません・・・
血便ならこの薬と怖さを知らずに出してしまう・・・
心臓に雑音だ、この薬とね・・・
診断も付けずに・・・
 
しかし、それが間違いだとすら気付かない・・・
 
最近も愛犬問題さんが書いていましたが痒み止めに免疫抑制剤を
使っているとか・・・
無茶苦茶です・・・
殺されますよ・・・
 
 
 
 
獣医が人の薬を処方することが有りますね・・・
それには制限が有ることを前回示しました・・・
 
人の薬は種類も非常に多い・・・
そんなものを知識のない獣医が適当に使ってしまう・・・
自分達の無知すら知らない獣医の悲しいレベルで、です・・・
 
獣医が人の薬を出すのは幼稚園児に車の運転をさせるのと
全く同じです・・・
ハイジャック犯にジェット機を操縦させるのと同じです・・・
知識がないのに武器を持って暴れまくる・・・
 
これで事故が起きない方がどうかしています・・・
 
獣医業界は自主的に人用薬の使用制限をもっと徹底すべきでしょう
このままでは事故が頻発しますよ・・・
幼稚園児に車を運転させたり、ジェット機を操縦させたら事故が
起きるのは当然ですからね・・・
 
今の様な中途半端な制限では不十分でしょう・・・
 
子供に運転させてはいけないのです・・・<`ヘ´>
ワカリマシタカ・・・<`ヘ´>

獣医の処方で殺される:ここまで無茶苦茶か

愛犬問題のトップページはこちら↓
愛犬問題 http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/
 
僕と「愛犬問題」の役割についてはこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37499056.html
 
愛犬問題さんと獣医のvsはこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/MYBLOG/yblog.html?m=l&sk=0&sv=%B0%A6%B8%A4%CC%E4%C2%EA&p=1
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/MYBLOG/yblog.html?m=l&sk=0&sv=%B0%A6%B8%A4%CC%E4%C2%EA&p=2
 
獣医療の無茶苦茶に関してはこちら↓
獣医の嘘・間違い:フィラリアに関するデタラメ
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39772720.html
 
愛犬問題ブログをぼろくそに書いているのは獣医です
獣医療の不都合な真実を暴露しているのが愛犬問題であり僕です
 
獣医達は嘘を作り上げて収入に繋げてきた・・・
それが嘘であることを暴露されて収入がなくなってしまうことを
異常に怖れている・・・
 
だから愛犬問題をこき下ろす
しかし、僕が書いてきたようにあらゆることで愛犬問題に完敗しています
 
今回も獣医の処方について愛犬問題さんが書いています・・・
全く、よくぞここまで正しいことを医学の専門家でもないのに
書けるものだと感心します・・・
 
今回は専門家として獣医の処方の無茶苦茶を紹介しましょう
これでは獣医に殺されに行くようなものですからね・・・
 
先週に続いて順に見ていきましょう・・・
前回のはこちら↓
これが獣医の処方だ:獣医に殺されるぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39966075.html
 
「処方された薬の名前は、サラゾピリン、ミヤBM、フラジールです。」
 
という相談者に対して愛犬問題さん答えます・・・
 
「愛犬に投与するなら、このミヤBMだけにしたほうが良いですね。獣医が処方した薬を全部服用していたら、おそらく、愛犬は、いまだに回復してないか、最悪の場合は死亡していたでしょうね。」
 
では、医者として解説いたしましょう・・・
 
サラゾピリンは有る特定の病気に使われるものです
単なる下痢や血便に使われるものでは有りません・・・
 
今回の病気に使われるものでは有りません・・・
というか、なぜこんな薬を獣医が使えるのか・・・
 
サラゾピリンは副作用が強くて人にはあまり使われなくなった
薬剤です・・・
勿論そんなこと知らないでしょうね・・・
 
そして、フラジールも使用目的が決まっています・・・
単なる下痢や血便で使って良いものでは有りません・・・
 
どちらの薬もちゃんと診断して根拠を持って使うものです・・・
勿論専門医がね・・・<`ヘ´>
 
愛犬問題さんが書いている通りミヤBMだけで良かったのですよ・・・
本当に医学の専門家ではないのに良く分かるものだと感心しますが・・・
 
 
 
 
獣医の治療は免疫抑制剤を痒み止めで使うなどという狂ったことが
しばしば起きます・・・
 
線結びだけで治療が行われます・・・
今回で言えば血便ならこれだと・・・
全く根拠が有りません・・・
 
サラゾピリンは潰瘍性大腸炎という血便が出る病気で
使われるものです・・・
しかし、それは診断をしてからです・・・
 
ところが獣医にかかると血便だからサラゾピリンだと・・・
これは気が狂ってます・・・
 
さらに、フラジールなど何の意味も有りません・・・
 
「獣医が処方した薬を全部服用していたら、おそらく、愛犬は、いまだに回復してないか、最悪の場合は死亡していたでしょうね。」
 
まさに、愛犬問題さん大正解です・・・
 
(相談者)獣医は、愛犬に大量の薬を飲むようにと言いましたが、飲ます気はなくなりました。お陰様でウンチポロポロになりました!!
ありがとうございます!本当に出会えたことに感謝です!
愛犬とともにこれからもよろしくお願いします。
 
また、ヒバ水での皮膚炎もこれからまた報告させていただきます。
 
 
 
 
次に、獣医師会の小動物医療の指針を引用します・・・
 
(2)医薬品の適用外使用及び未承認医薬品の使用
獣医師が、動物用医薬品を承認の範囲や定められた使用基準を超えて使用したり、動物用医薬品として承認されていない人用医薬品を使用すること(適用外使用)、動物用としても人用としても承認されていない医薬品を使用すること(未承認医薬品の使用)は、承
認されている動物用医薬品では治療の効果が期待できない等、診療上やむを得ない必要性がある場合には許される。
しかしながら、適用外使用や未承認医薬品を使用する場合は、製剤の選択、用法・用量の決定により慎重を期するほか、家畜伝染病予防法等の関係法令に十分留意するとともに、当該対象医薬品の名称、成分名、用法、用量及び当該医薬品の由来等必要事項を診療簿に記載しなければならない。
また、これらの行為によって副作用等の事故が発生した場合の責任は、獣医師にあることにも十分留意する必要がある。
 

人用医薬品の使用は止むを得ない場合には許されるとしています・・・
止むを得ない場合ですね・・・
 
ただし、慎重を期するほか必要事項を記載する義務について
書いていますね・・・
 
止むを得ない理由は勿論その他の必要事項を記載すること・・・
 
そして、人用医薬品を用いて結果が悪かったらそれは
獣医の責任ですよ・・・
と書いていますね・・・
 
理由は簡単ですね・・・
 
本来認可されていない薬を使ったのですから
獣医が安全と思ったというのが安全性の根拠になっているだけです
とすると、結果が割るければ獣医の判断が間違っていたということですね
それなら責任とれよって訳です・・・
 
今回の気が狂った処方を見ても分かる通り獣医は自分の無知を知りません・・・
 
次回は何故この様な狂った処方をしてしまうのか・・・
 
獣医がバカというだけで良いのかどうか
次回考察していきますね・・・<`ヘ´>
最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

koredeiino345

Author:koredeiino345
表題通りです。
医者、臨床医、いくつかの
学会評議員、指導医。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。