FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬子宮蓄膿症:手術するな2

前回もいつものように論文を示して子宮蓄膿症の

治療法について手術不要と解説しました・・・

ここ↓

犬子宮蓄膿症:手術するな
http://koredeiino345.blog77.fc2.com/blog-entry-501.html




しかし、ちょっと分かりにくい書き方だったのではないかと

思い、もう一度解説しておきますね・・・



医者が普通に説明しても、まるで一般の方には通じないという

ことが有りますが、前のはちょっとそんな感じも有りました・・・



今回はもう少し詳しく解説しましょう・・・



前回も示した論文

Surgical uterine drainage and lavage as treatment forcanine pyometra.

De Cramer KG.

J S Afr Vet Assoc. 2010 Sep;81(3):172-7.

IFは0.3程度



ここに子宮蓄膿症に対するドレナージ(排膿)の手術について

書いています



因みに人間の子宮蓄膿症に対する治療としては

エコーガイド下のドレナージが報告されていますが

獣医には無理ですから止めた方が良いですよ・・・



犬に対しては、膣から管を子宮に入れてドレナージをする

その時に手術アシストで行う・・・

これがこの論文に書いている方法です・・・






しかし、日本の獣医なんざ子宮を取ることしか能がないもんだから
取らずに治療できるなんぞと言われた日にゃ

おまんま食い上げだ・・・



なんせ簡単に治療できちゃう・・・

それは困る、困る、困る、困る・・・



俺たちはな~~~

俺たちは・・・

子宮取るくらいしか出来ないんだよ~~~

それしか習ってないんだよ・・・

だから、お願いだから子宮取らせてくれよ~~~



だってな~~・・・

手遅れになったら死ぬんだよ~~~

狂犬病と同じで手遅れになったら死ぬんだから

怖い怖い怖い怖い病気なんだよ~~~~~

(虫垂炎(盲腸)も手遅れになったら死にますが

虫垂炎が致死率が高い病気だというアホは居ません)



なんだ、泣いてんのか・・・(;一_一)



悪いな・・・






手遅れになったら死ぬ病気は怖くありません・・・
良く獣医が使う霊感商法です・・・



では、医者ならどういう治療をするのか・・・

手術アシストなんぞという方法は医者なら絶対にしません・・・



では、どうするのでしょうか・・・




どうぞ考えて下さい
僕は獣医の教育係ではありません・・・



しかし、全身麻酔はしませんし、開腹なんぞ絶対にしません・・・

医者ならその論文に書いている治療法など絶対にしません・・・



子宮蓄膿症で手術を勧められたら殺されると思うと良いですよ

獣医の手術死亡率は約10%だ・・・

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37164331.html



簡単な消化管の手術でさえ60%の死亡率

もうこれは手術とは言いません・・・



医者なら手術なんぞしなくとも20分あれば終わります

それも、この論文の結果からすると完治して再発しませんね



蓄膿の基本はドレナージです・・・

手術アシストなしでも簡単にできます・・・



子宮蓄膿症に手術など必要ないんです・・・





さて、最近は薬による治療が有るようですね・・・

そして、それを実践している獣医も居る・・・



はぁ~~~・・・(―_―)!!

子宮卵巣全摘術は良いことだ(とゴキブリ獣医は思う)

悪いことは何一つない(とゴキブリ獣医は思う)

寿命は延びる(とゴキブリ獣医は思う)

データもある(とゴキブリ獣医は思う)

病気の予防にはなる・・・(とゴキブリ獣医は思う)



この辺↓

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37046100.html

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37068550.html



さんざんっぱらそう書いてきて今更何を抜かす・・・

そう無茶苦茶書いてきたのはお前等じゃないのか・・・



ん・・・???

いつの間に前言撤回したんだ・・・





いつの間にか俺や愛犬問題が正しくなっちゃったのか・・・???

ん・・・???



避妊手術は安全だ安全だ・・・(とゴキブリ獣医は思う)



ところが

避妊で死んだら一転、危険な手術と言い

愛犬問題が正しいというお前らの脳みそ・・・





薬の方が儲けがでかいと思ったら今度は薬が効くんだ

効くんだ・・・

特効薬だってお前、どこまで素人だよ・・・

特効薬なんて言葉・・・素人かよ

お前等の脳みそ腐ってるのか・・・???



何が入ってる、その頭の中・・・



犬のうんこか、ネコのうんこでも入ってるのか・・・

どっちだ・・・???







薬は値段の付け放題で数十倍の値段で売りつける獣医共

今度は注射だから、それこそ手術代より簡単に稼げる・・・



だから今度は薬でも治療できるなんぞとこれまた

何の根拠もなく言いだした・・・



全ては金の為だ・・・



さ、皆さん獣医が薬で子宮蓄膿症が治るなんぞと言い出したら

気が狂ってる獣医だと思って間違いありません・・・



お前等、避妊は体に良いと言い続けてきたのはどうなった・・・???

金の為にはあっさり前言撤回か・・・

といっても前言がそもそも金の為のでっち上げだからな・・・



もう、どこまで腐ってるんだその頭の中・・・









ま、薬が良いってんならその根拠、示してもらおうか

ほれ・・・

どうした・・・

どうせ書けずに逃げ回るんだろ・・・







次回は獣医共が新しく楽に儲けられるとして位置付けている

薬による子宮蓄膿症の治療が如何にばかげているのか

示していきます・・・

獣医共の頭には犬のうんこか猫のうんこ

どちらが入っているのかも明らかにしたいと

思います・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

あれ?根拠書いてるの読めなかった?
アホ獣医だから仕方がないなw
ま、恨むんなら両親を恨め


> 人のことをゴキブリだのくずだの。
>
> あんたはどんな崇高なお仕事をしているんだろうと気になったので。
>
> これからもよろしく。

No title

人のことをゴキブリだのくずだの。

あんたはどんな崇高なお仕事をしているんだろうと気になったので。

これからもよろしく。

Re: どうすれば?

尿管結石の原因が食事だと偽って、というよりそう信じてしまう獣医
それは今度はフードを売りつけるためなんですね
本当は貴方の食事療法で合っています

獣医の子宮蓄膿症は多くが作り話でしょうね
貴方が尿管結石の手術をしたから今度も簡単に騙せると思ったのかも
知れませんね

まず、その診断が本当かどうか確認しましょう
データと写真をチェックしてください
僕が書いたドレナージは獣医にはまだ無理です

感染性の尿管結石なら感染が収まればお終いです
しっかり運動することも重要です

まずは、本当に子宮蓄膿症なのかどうか
それが問題ですね


>  飼っている愛犬7歳 が、1月前に尿道結石になりました。
> 病院で結石をとる手術により、それは治ったのですが、原因が食事と、尿道の感染症だということでした。 至って清潔に管理しているつもりでしたが。生理が不安定ですぐに陰部をなめる癖が以前からあり、炎症を起こしたことも原因として考えられるいうことでした。  
>
> 現在は、勧められるまま、食事も全てドッグフードに替えて(ずっと好きなものを人間と同じようにたべさせていたのですが、、、)(塩分を増やす)尿量を増やすことで対応していました。
>
> 数日前、生理からかまた陰部をやたらなめており、獣医さんに往診いただいたところ、今度は子宮蓄膿症だという診断、、
>
> 子犬の時から子宮摘出を勧められてきたのですが、個人的な判断から不必要だと断ってきました。でも、今回は、ジレンマに陥っています。
>
> 生理など>陰部を舐める>子宮蓄膿症 or 尿道に細菌>結石 
> 子宮蓄膿症>陰部をさらに舐める、、というのは、本当のことなのでしょうか?
>
> 本当ならば、具体的にどうすればいいかがわからないのです。
>
>  私は、子宮摘出は反対なので、ひとまず炎症を抑える薬だけ処方してもらいました。でも今回もしこれで収まっても又再発する、、などなど、、ともかく手術するのがベストと獣医さんはおっしゃります。
> (手術に私が反対すれば、今回は薬だけなのにお値段もいつもよりなぜか、高い印象でした。)
>
> 家族は、子宮はやはりとらないといけないと、医者に言われたまま信じ込んでいる状態です。ドレナージと書かれていたので、ネットで調べてもそういった治療を行っている獣医師さんがわからない。、医療関係の知識を持っていない私としては、どうすればベストなのか迷ってしまいます。 獣医さんの知識は以前から、私も信用していないのですが、結石を防ぐ、かつ子宮蓄膿を防ぐ(それが本当に危険ならば)にはどうすればいいのか、、。
>
> 子宮蓄膿症の症状で、よく水を突然よく飲みだすと言われますが、治療用の塩分が多いペットフードを食べさせて、尿が多くなるのは当たり前だとも思うし、、
>
> 獣医さんの一つ一つの診断と対象がどうも場当たり的に思え、最後はともかく
> 子宮摘出を持ち出している感じがします。 悪気があってやっているというより、大学で教わったことを、そのまま鵜呑みにしている感じ。でも、お医者さんならいろいろ選べますが獣医さんを選ぼうにも、どの獣医さんがベストかなんてまったく一般人はわからないわけで。獣医さんは信用しないとしても、実際に結石ができれば、又、取り出してあげなきゃいけないですし、、、
> たとえ信頼できなくても、少なくとも症状を治めてくれたら、頼るしかないというのが現状なのかと、、 もしもアドバイスなどあれば、ぜひ伺いたいです。
>
> (子宮蓄膿症について調べていて、こちらを見つけました。 確かに獣医さんたち、学会そのものがどうも以前から信用できないことが多いです。専門知識のあるお医者さんたちが、もっと声を上げてもらえれば嬉しいです)、

どうすれば?

 飼っている愛犬7歳 が、1月前に尿道結石になりました。
病院で結石をとる手術により、それは治ったのですが、原因が食事と、尿道の感染症だということでした。 至って清潔に管理しているつもりでしたが。生理が不安定ですぐに陰部をなめる癖が以前からあり、炎症を起こしたことも原因として考えられるいうことでした。  

現在は、勧められるまま、食事も全てドッグフードに替えて(ずっと好きなものを人間と同じようにたべさせていたのですが、、、)(塩分を増やす)尿量を増やすことで対応していました。

数日前、生理からかまた陰部をやたらなめており、獣医さんに往診いただいたところ、今度は子宮蓄膿症だという診断、、

子犬の時から子宮摘出を勧められてきたのですが、個人的な判断から不必要だと断ってきました。でも、今回は、ジレンマに陥っています。

生理など>陰部を舐める>子宮蓄膿症 or 尿道に細菌>結石 
子宮蓄膿症>陰部をさらに舐める、、というのは、本当のことなのでしょうか?

本当ならば、具体的にどうすればいいかがわからないのです。

 私は、子宮摘出は反対なので、ひとまず炎症を抑える薬だけ処方してもらいました。でも今回もしこれで収まっても又再発する、、などなど、、ともかく手術するのがベストと獣医さんはおっしゃります。
(手術に私が反対すれば、今回は薬だけなのにお値段もいつもよりなぜか、高い印象でした。)

家族は、子宮はやはりとらないといけないと、医者に言われたまま信じ込んでいる状態です。ドレナージと書かれていたので、ネットで調べてもそういった治療を行っている獣医師さんがわからない。、医療関係の知識を持っていない私としては、どうすればベストなのか迷ってしまいます。 獣医さんの知識は以前から、私も信用していないのですが、結石を防ぐ、かつ子宮蓄膿を防ぐ(それが本当に危険ならば)にはどうすればいいのか、、。

子宮蓄膿症の症状で、よく水を突然よく飲みだすと言われますが、治療用の塩分が多いペットフードを食べさせて、尿が多くなるのは当たり前だとも思うし、、

獣医さんの一つ一つの診断と対象がどうも場当たり的に思え、最後はともかく
子宮摘出を持ち出している感じがします。 悪気があってやっているというより、大学で教わったことを、そのまま鵜呑みにしている感じ。でも、お医者さんならいろいろ選べますが獣医さんを選ぼうにも、どの獣医さんがベストかなんてまったく一般人はわからないわけで。獣医さんは信用しないとしても、実際に結石ができれば、又、取り出してあげなきゃいけないですし、、、
たとえ信頼できなくても、少なくとも症状を治めてくれたら、頼るしかないというのが現状なのかと、、 もしもアドバイスなどあれば、ぜひ伺いたいです。

(子宮蓄膿症について調べていて、こちらを見つけました。 確かに獣医さんたち、学会そのものがどうも以前から信用できないことが多いです。専門知識のあるお医者さんたちが、もっと声を上げてもらえれば嬉しいです)、

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

koredeiino345

Author:koredeiino345
表題通りです。
医者、臨床医、いくつかの
学会評議員、指導医。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。