FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避妊で乳腺腫瘍が減るかよ、ボケナス3

前回のはここ↓

犬避妊で乳腺腫瘍が減る訳ねーよ、ボケナス2

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37758811.html



そして、それまでのはここ↓



犬乳腺腫瘍:愛犬問題 vs 獣医

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/36718193.html

犬乳腺腫瘍:愛犬問題>>>獣医

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/36741826.html

犬避妊手術で寿命が延びる?気が狂ったのか!

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37046100.html

犬避妊手術で予防だと:貴方もどうぞ

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37068550.html

犬避妊手術死亡率:獣医の悪質ぶり

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37092475.html

犬猫、獣医の手術死亡は5‐10%\(◎o◎)/!

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37140620.html

犬猫、獣医の手術死亡は5‐10%\(◎o◎)/!2

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37164331.html

犬乳腺腫瘍:避妊で減るかよボケナス

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37742434.html





避妊で乳腺腫瘍が減ると書いているアホウが居ますがそんなのは獣医共の作り話です・・・


もう一度書いておきます・・・



乳腺腫瘍が避妊で減るというのは獣医共の

作り話であって

そんなデータはこの世の中には有りません





前回は獣医共が心と収入の拠り所にしている、避妊と乳腺腫瘍に

関して関連があったという唯一の論文を紹介しました



今回はその結果の重大な間違いについて書きましょう・・・



獣医共が書いている0・5%や8%や26%に減らせる

という数字はこの論文の結果に出てくる数字です・・・



乳腺腫瘍の発生率を減らせたという内容です・・・









これが如何に間違いであるのか・・・



実は発生率の比は症例対象研究では求めることは出来ません・・・

論文には相対危険度と書いていますが、それは間違いです・・・



理由は乳腺腫瘍の発生率を比較してなどいないからです・・・

症例対象研究では発生率はそもそも比較していません・・・

もともとそんな比率は計算できない研究方法なんです・・・









要するにこの%は発生率の比ではありません・・・

発生率の比はこの方法では求められないんです・・・



従って乳腺腫瘍の発生率を00%に出来ると、いうことが

そもそも間違っています・・・



もう一度書いておきます・・・



発生率の比を求めることは出来ませんのでそもそも0.5%やら8%やら26%やらには意味が有りません・・・









さらに、発情との関連を述べてそれぞれ細分化して分析していますが

これも症例対象研究では不適切な方法です・・・



もともと、おおざっぱな検討なのに更に細分化することは不適切なんです・・・



だから、症例対象研究では一つのことに絞って検討されるべきなんです・・・

この場合であれば避妊と乳腺腫瘍に関することだけを

検討すべきですが、更に細分化して検討している所は

不適切としか言いようが有りません・・・



要するにこの論文は症例の選択、分析の方法、結果の解釈、全てで証拠能力が有りません・・・









例えて言えば肺がんと喫煙の関連を調べるのに

がんセンターで100人の肺がん患者を集めた・・・



一方、癌ではない人100人を集めたら喫煙室近くの人が

多かった・・・



で、結果は肺がんには喫煙者が30人

健常者には80人が喫煙していた



だから喫煙は肺がんになりにくい・・・



さらに、10代で喫煙開始した人が3人いた

15歳以下で始めた人が1人いた・・・

肺がんの人には10代で喫煙開始した人は居なかった・・・



結論として煙草を早く始めた人ほど肺がんを予防できる・・・



これがこの論文の結論です・・・

この程度の意味しかありません・・・



しかもそれ以外は喫煙と肺がんは無関係であるという論文が

いくつも出ています・・・











まさに獣医共が書いているのは唯一の論文の間違った解釈を

示して、あたかも避妊で乳腺腫瘍を減らせるかのごとき

書きなぐる・・・



当然避妊による手術収入が目当てだ・・・



自分の収入の為に平気で間違いを書く・・・

自分たちの収入に直結するから嫌がらせをする・・・



ペットの命は二の次だ・・・



その姿はゴキブリ獣医という表現以外に思いつきませんね・・・

ゴキブリ獣医以外にどの様な表現が適切なんですか・・・

誰か教えてもらえませんかね・・・









この現象は何かと似ていませんか・・・









そうです・・・

ゴキブリ獣医が書きなぐっている手術死亡率にそっくりですね・・・



あれも、歯みがきや写真を撮るだけの麻酔も含めて

死亡率を低く出して、更に

麻酔後24時間に区切って低くして、更に

麻酔関連の死亡だけで低くして、更に

今までの報告中最低の数字を書きなぐる




それが1000頭に一頭の死亡率と書きなぐるゴキブリども

正解は獣医の手術死亡率は約10%と超高率だ・・・



医者でいえば初歩的な手術でさえ死亡率はなんと驚きの

60%だ・・・









今回も避妊と乳腺腫瘍に関連が有るとした唯一の論文の

間違った分析結果を自分の都合の良い結果だというので

あらゆるところに書きなぐるゴキブリ獣医共・・・



なんという悪質さ・・・

なんという低能さ・・・

なんという卑劣さ・・・




ま、尤も知能が低いので何も分からずに書いているアホが

多いのも事実でしょうがね・・・





次回は、これまでの論文解析の結果を分かりやすく述べて

避妊と乳腺腫瘍には全く関連がないことを示していきましょう・・・









皆さんに申し上げますが、これ程間違いだらけの獣医に

正しい医療が出来るはずが有りません・・・



獣医のいうこと、書くことは全て間違いと思って良いですよ・・・

何一つ正しいことはありません・・・



当たり前でしょ・・・







こんなこと医者がやればすぐに他の医者から痛烈な反論が

来ますよ・・・



そして、そいつにはアホの烙印が押される・・・



しかし、獣医は逆だ・・・

真逆だ・・・



正しいことを書いている愛犬問題や僕に対して取る行動は

嫌がらせだ・・・



なんという情けなさ・・・

惨めというも哀れな連中め・・・




ま、次回に続きますね・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

koredeiino345

Author:koredeiino345
表題通りです。
医者、臨床医、いくつかの
学会評議員、指導医。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。