FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発癌・四肢麻痺のマイクロチップ:獣医共の作り話をどうぞ

前回まではマイクロチップでどういうことが出来るのかという

獣医共の嘘・間違い・作り話について紹介してきました・・・



相変わらずの嘘・間違い・作り話はどうにかならんかね獣医君・・・

この辺も参照↓

狂った獣医療:獣医の5大詐欺商法by愛犬問題

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38114064.html



前回のはここ↓

恐怖のマイクロチップ:発癌も四肢麻痺も

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38299774.html



さて、前回はマイクロチップが有害であるということに対する

獣医共の言い分を紹介しました・・・

そして、それが全部嘘・間違いであることを書きました・・・



今回は彼らがどの様に嘘・間違い・作り話を書いているのか

詳細に紹介しましょう・・・







「これまで破損の報告は有りません」


はい・・・

"Subcutaneous soft tissue tumours at the site of implanted microchips in mice," T. Tillmann, Experimental and Toxicologic Pathology, vol. 49, pp. 197-200, 1997.

1.5%で見失った
"Tissue reaction to an implantable identification device in mice," G. N. Rao and J. Edmondson, Toxicologic Pathology, vol. 18, pp. 412-416, 1990.

約3%で故障した


なんと故障が3%という報告ですね・・・

獣医共の手術死亡率は避妊など簡単なものでも約10%と

超高率なのに安全だなどと書いちゃう連中ですから

もしかしたら

3%という超高率は無視できる程度と考えているのかも

知れませんね・・・(;一_一)







「体温測定が可能です」


体温測定は可能ですが発癌したり四肢麻痺になりますよ・・・

どうぞ、この発癌性のある、埋め込む時に四肢麻痺まで

出現しちゃうマイクロチップを

貴方の大切な家族に埋め込んだらどうですか・・・???

迷子の心配がなくなるうえに、体温測定も簡単ですよ・・・<`ヘ´>







「腫瘍形成、発がん性などの異常反応は報告されていません。」


はい・・・

Tumors in long-term rat studies associated with microchip animal identification devices. Elcock LE, Exp Toxicol Pathol. 2001 Feb;52(6):483-91.



腫瘍発生は1~10%と超高率です・・・

人なら絶対に認可されないものです・・・

絶対にです・・・







「フランスではマイクロチップが義務化されています」


全くの嘘です・・・

日本でも動物愛護管理法などでマイクロチップの装着が

義務付けられているなどと平気で嘘を付きますが

ここ↓

役立たずマイクロチップ不要2:愛犬問題 vs 獣医共

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38207576.html



今回もフランスで義務だと平気で嘘を付きますね・・・



獣医の家族って彼らのことをどう思うんでしょうかね・・・???

嘘をつくのが平気だとか知ってるんですかね・・・???









「WSAVA(World Small Animal Veterinary Association:世界小動物獣医協会)マイクロチップ委員会はリスクをはるかに上回るものである・・・・・以下省略。

という正式見解をWeb上に発表した。」



どこにも書いていません・・・

そもそもHPのアドレスを絶対に書かないのが獣医どもです

絶対に根拠は示しません・・・

ま、当たり前ですよね、嘘・作り話ですからね・・・



WSAVA(World Small Animal Veterinary Association)

http://www.wsava.org/

マイクロチップのガイドラインが有りますが、どこにも書いていません・・・



因みにEUではマイクロチップの危険性を思いっきり公開しています・・・

Microchip adverse reactions reporting scheme. J Small Anim Pract 38:370, 1997

Swift S









獣医共の嘘・間違い・作り話・・・

分かりやすいですね・・・

絶対に根拠を書きませんからね・・・

ワンパターン・・・<`ヘ´>









そもそも迷子になったペットなど殺されてないんですよ・・・

殺されているのは捨てられたペット達です



飼い主が捨てているのに迷子と分類しているだけですよ

捨てられたペットにマイクロチップを入れたからって

そんな飼い主が同定できたからって、捨ててるんだから

どうにもならないんですよ




今でも保健所に連れて行ってる連中が誰なのかはわかっていますが

どうすることも出来てないでしょ・・・

どうしてこんな簡単なことが理解できないんですか・・・???



迷子のペットで殺されて等いないんですよ・・・

居ないペットに対する対策で発癌や四肢麻痺という有害なものを

埋め込むんですか・・・???







次回はマイクロチップの発癌・四肢麻痺など

恐怖の実態をご紹介いたしましょう・・・<`ヘ´>
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

koredeiino345

Author:koredeiino345
表題通りです。
医者、臨床医、いくつかの
学会評議員、指導医。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。