FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬混合ワクチン:愛犬問題 >>>>>>> 獣医共3

前回のはここ↓

犬混合ワクチン不要:愛犬問題 vs 獣医共2

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38721996.html

獣医療の嘘・間違いはここ↓

狂った獣医療:獣医の5大詐欺商法by愛犬問題

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38114064.html



愛犬問題さんの混合ワクチンに関する記述はここ↓

混合ワクチン有害無用論の随想集 by 愛犬問題

http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/6004/



いつもの様に愛犬問題さんに全く歯が立たない獣医共の言い分

どうして獣医というのはこんなにアホなんでしょうか・・・<`ヘ´



獣医というのは本当に嘘・間違いを信じているのでしょうか

そんな程度の知能しかないのでしょうか・・・



明らかに獣医は間違っているんですから、どんなに嫌がらせしたところで何が面白いのでしょうか・・・

どんなに屁理屈をこねてみても間違いが正しくなることはないのに

ゴキブリ達は一体何をしたいのでしょうか・・・

それとも自分の間違いすら分からないのでしょうか・・・<`ヘ´>









愛犬問題さんが最近書いている混合ワクチンの記事も秀逸という言葉しか見当たらないくらい素晴らしい内容ですね・・・

ここ↓

英国の混合ワクチン有害無用論を翻訳紹介! ワクチンは犬に有害無益な欠陥商品だ!

http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/diary/201401210000/

紹介しましょう・・・



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@



 獣医の言い分「犬を致命的な病気で亡くするよりも、ワクチンの副作用のリスクを冒すほうが良い。」



回答 「獣医の言い分は間違っています!」



第1に、古典的な犬の病気では、ごくわずかな犬しか亡くなっていません。

現在、獣医は犬にパルボウイルス、ジステンパー、肝炎、パラインフルエンザとレプトスピラ症のワクチンの接種を勧めています。





パルボウイルスは、一般的に幼犬だけに致命的です。

その幼犬は、母親から自然免疫を受け継いでいます。

その自然免疫の効果は22週間持続します。

その間、自然免疫はワクチンの効果を無効にします。

だから、幼犬はワクチンではパルボウイルスから保護されません。

つまり、幼犬にワクチンを接種することは有害無益なだけです。





ジステンパーに罹病すると、その半分だけの犬が死亡します。

しかし、この10年間にジステンパーの症例を見た獣医はほとんどいません。

なぜ、愛犬家は、いまだに、このめったに発生しない病気予防のために毎年ワクチンを接種するのですか。



そのことは別にして、レプトスピラ症ワクチンは、何百もある細菌に効くワクチンのシリーズの一つに過ぎないのです。実際の病気に効く確率は、その何百分の一なのです。

さらに、そのワクチンの効果は、3~6ヵ月しか持続しません。

毎年接種したとしても、年間最高9ヵ月の間は、その犬はワクチンの保護を受けていないのです。

レプトスピラ症ワクチンは役に立たないので、英国とアメリカの著名な科学者がレプトスピラ症ワクチンの発売中止を要求したいきさつがあリます。



あなたが、なぜ毎年ワクチン接種をしなければならないかについて、ワクチンメーカーに尋ねて下さい。

私たちは、メーカーから直接、誠実な、あるいは、分別のある返事を受け取った最初の人に、賞を贈呈します。



私は、6匹の愛犬を飼っていましたが、その6匹ともワクチン症候群の被害を受けました。

癌、白血病、突然の麻痺、死亡、アレルギー、甲状腺疾患、および、関節炎の被害です。



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


愛犬問題さんは上記の様に引用しています・・・



獣医共の言い分を間違いだとしてその理由を述べています・・・



まず、ワクチンが必要な病気はそもそも少ない・・・

これは愛犬問題さんが常に書いていることですね・・・







次にパルボの事を書いています・・・



これも獣医共はワクチンが必要な理由を嘘ばっかり書いていますね・・・

そもそもパルボは幼犬にだけ致命的なものですね・・・



ま、もっともこの致命的というのもどの程度の死亡率なのか・・・

それについては後述します・・・



幼犬は母親からの免疫を受け継いでいる・・・

その間のワクチンは無効だ・・・

従ってそもそも幼犬以外に致死的ではないパルボに対する

ワクチンは必要なし・・・



分かりやすいですね・・・





次にジステンバーですが・・・

殆ど発生していないということです・・・



発生していない病気に対してワクチンなど必要ありませんね・・・

これについては後述します・・・









パラインフルエンザや肝炎に関しては死にませんから、そもそも

必要ないでしょう・・・



さて、獣医共がレプトスピラについて書くときに数か月しか

ワクチンの効果が無いので一年に一回でも足りないくらいだ・・・

こんな文章を見たことが有るでしょう・・・



その通りです・・・

数百も有る細菌の一つにしか効かないもので

かつ

3~6か月程度しか効果が有りません・・・

要するに効果が無いなら必要ないだろう・・・

これが結論です・・・



従って欧米の獣医達はこのワクチンの発売を中止したらどうかと

勧告した位である・・・



そして、毎年ワクチン接種をする理由を尋ねて下さい

ちゃんと答えられた人には賞を贈呈する・・・

さ~~誰も貰えないこの賞を誰が受け取るのでしょうか・・・



そして、副反応は様々なものが有ると紹介しています・・・







何とも分かりやすい、素晴らしい内容では有りませんか・・・

獣医共が書いている嘘、間違い、作り話が如何に

酷いか分かろうというものですね・・・



次回、更に詳しく続きます・・・<`ヘ´>
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

koredeiino345

Author:koredeiino345
表題通りです。
医者、臨床医、いくつかの
学会評議員、指導医。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。