FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春、狂犬病ワクチンで殺されるぞ

今まで獣医療の嘘間違いについて客観的な証拠を示して

証明してきました・・・



狂犬病ワクチンの悪質なのは多くの犬達が獣医の収入のためだけに殺されていることです・・・



そして、殺されても、何の責任も保証も有りません・・・

義務を課していながら死んだら知らん顔ってお前等・・・



↓この辺り参照

獣医の嘘・間違いに騙されるな!!!

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38632212.html

狂犬病ワクチン不要27:何度書けば理解できるのだろうか

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38349552.html



春は、獣医共の狂犬病ボーナスの時期です・・・

この収入をなくさないために必死に工作活動を続けています



この収入は狂犬病ワクチンのみならず、犬を連れてきたときに

色んなことを勧めますので、それらの収入もデカいんですね・・・



清浄国である日本で狂犬病ワクチンが必要だとか思い込むような

人達はそういう言葉に騙されてしまうでしょう・・・



例えば

避妊で乳腺腫瘍が減るとか

寿命が延びるとか

生ワクチンである混合ワクチンが毎年必要だとか

フィラリアの犬に予防薬を飲ませたらショックになるとか

犬に塩、鳥の骨は良くない

・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・



などと言う獣医共が自分たちの収入の為だけについてきた

嘘八百を信じてしまう可能性が有る・・・



それが獣医共の狙いです・・・








さて、

論文による計算では日本で狂犬病ワクチンで殺される犬の数は

約5500頭・・・<`ヘ´>



これらの大部分は泣き寝入りしていると思われます・・・









獣医の収入の為だけに行われる狂犬病ワクチンで

殺されるなど、アホらしいとは思いませんか・・・



日本では狂犬病ワクチンは必要ありません・・・

今まで散々書いてきました・・・

それも、獣医共が書いている嘘間違いを全て網羅して

指摘し、正してきました・・・



日本に必要なのは検疫です・・・

他の清浄国も同じ対応です・・・



例え万が一侵入したとしても野生動物がこれ程少数の日本で

野良犬が殆ど居ない日本で・・・

室内犬が70%も居る日本で・・・

ほとんどの犬がリードに繋がれている日本で・・・



どう考えても世界一狂犬病が流行しない国なんです・・・

それが証拠に狂犬病制圧の対策をとったら

たったの6年で制圧できたのです・・・



他の清浄国は日本より遥かに流行しやすい

状況にある

それでも狂犬病ワクチンなど接種して

いないんですよ・・・









また、例え万が一に侵入しても貴方の犬が殺されることなど

絶対に有り得ません・・・

狂犬病が発生したら殺されるが如き書いているのも

獣医共の悪質さですね・・・



絶対に貴方の意に反して殺されることなど有り得ません・・・

貴方の家族がどんな理由が有っても政府に殺されることが

有り得ないのと同じ理由で、

貴方の犬が殺されることなど有り得ませんから

安心してくださいね・・・









狂犬病の特徴は感染力が非常に弱いこと・・・

狂犬病の動物に噛まれない限り感染しません・・・

そして、暴露後予防で完全に治療可能で

発症しません・・・

致死率はゼロです・・・







ロシアの船から上陸はしません

ロシア人も狂犬病の犬と同居は嫌です



WHOは流行地域の接種率を70%以上にしろと勧告しています

日本は流行地域では有りません・・・

清浄国の日本では接種の必要は有りません



万が一侵入しても貴方の犬は殺されません

対策は公表されています

勿論AU, NZ, UKでも殺されることなど有り得ません



シャルルニコルは通用しませんw

集団免疫は関係ありません



室内犬が70%も居て

野良犬が少なく

殆どの犬がリードに繋がれて散歩する

世界一流行しにくい国、日本



こんな国で狂犬病ワクチンが必要だと思ってしまうあなたは

獣医の所に行ったとき

混合ワクチンも毎年必要だとか思っちゃうのでしょうか



生ワクチンである混合ワクチンは毎年必要な訳が

ないどころか、これも殺してしまいますよ・・・<`ヘ´>








どうしても狂犬病ワクチンを接種しろというなら

絶対に殺さないと一筆獣医に書かせればいいですよ・・・



必要のない狂犬病ワクチンを接種するなら

絶対的な安全性を保障させるべきでしょう・・・



必要のない狂犬病ワクチンで殺されたらあなたは

犬になんと謝るつもりですか・・・



狂犬病ワクチンで殺されたら責任は取ってくれるんでしょうね・・・

室内飼い、

外出時はリードに繋いでいる

体調が悪い・・・・

接種して死んだらどうしてくれる・・・



こういう理由を挙げてもなお接種するというなら

獣医に100%の安全を保障させるべきで

死んだら責任を取らせるべきです・・・



だって、狂犬病ワクチンは獣医の収入の為だけに

行われているんですから・・・

責任を取るべきなのは獣医なのです・・・

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

koredeiino345

Author:koredeiino345
表題通りです。
医者、臨床医、いくつかの
学会評議員、指導医。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。