FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬が獣医に殺された時すること

まず、

乳腺腫瘍+避妊手術でパートナーを亡くしました。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3061592.html

これを読んでください・・・



乳腺腫瘍で避妊手術を受けて殺されたペットの相談です・・・

どこまで無茶苦茶なのか順に見ていきましょう・・・



乳腺腫瘍との診断だったそうです・・・

そもそも乳腺腫瘍で手術が必要なことも少ないのですが

本当に腫瘍かどうかも怪しいですよね・・・



次にレントゲンで転移はないと書いています・・・

レントゲンで転移の有無、特に腹部への転移診断は出来ません・・・

獣医は腹部X-Pで転移がないなどと言いますが

全く間違いです・・・



次に避妊手術を勧められ、結果的に長生きするといわれた

そうですね・・・

乳腺腫瘍と避妊は何の関係も有りません・・・

勿論長生きすることも絶対にないどころか、早死にします・・・



要するにこの獣医は全く常識すらない、無茶苦茶な獣医ですが

こういうのが大部分という驚くべき状況です・・・



そして手術が終わり驚愕の言葉を浴びせられます・・・



「手術は成功しました。

でも、ショックうけんとって下さいね、手術は成功したんですが、

心臓が持たずに、残念ですが」



これで死んでしまったというのですから、驚愕ですよね・・・



これで手術は成功したというのですから無茶苦茶ですね・・・

心臓が持たずに残念ですが・・・だそうです



術前にこの獣医は心肥大が有るものの手術に問題はなく

心臓を強くする薬を飲ませていた・・・

こういう状況だったはずですね・・・



それなのにどうして心臓が持たなかった、のでしょうか・・・

持たなかった、という言葉からは一かばちかで

手術をしなければ死ぬような状況だが仕方なく行った

ただ、ペットの心臓が悪くて、自分には責任はないが

死んでしまった・・・

こういうことを含んでいますね・・・



おそらくこの獣医にとってはこういうことが日常的なんでしょう・・・

これは手術が成功したとは言いません、当たり前に





この相談で起きたことは、まず、本当に乳腺腫瘍かどうか不明

もし乳腺腫瘍だとしても避妊手術は全く必要ありません

そして、術前に心機能の評価をして、心臓の薬まで出しているのに

心臓が持ちませんでしたという無茶苦茶なことが起きたんです・・・



この犬は死なずに済んだんです・・・

必要のない金儲け手術のために・・・

心機能の評価などしていないのに薬を出した・・・

何から何まで金儲けの為だけにこの犬は犠牲になったのです・・・








しかもこういうことが全国で高頻度で起きている・・・

避妊術における死亡率はおよそ10%だ・・・

しかも、乳腺腫瘍は減らないし、寿命は縮むんですよ・・・


知らないでしょ・・・

それもそのはず、獣医共が嘘ばっかり書いているからです・・・

何の為か・・・金の為だけにですよ・・・

獣医の収入の為だけに殺されているんですよ・・・









手術に同意したはずだからー責任を問わないという同意書は無効です

少額の慰謝料だからー繰り返さない為に提訴してください

エンドトキシンー何の根拠も有りません

避妊していないからー避妊の必要性がそもそもありません

全身麻酔にはリスクが有るー当然ですから避妊など行うべきではないのです

心筋梗塞になったー証拠を提示させればいいですよ、どうせ嘘ですから

肝機能障害が有ったー多少の肝障害で術死はしません



色んな言い訳を用意していますね

全部嘘、作り話、責任逃れですからね・・・

手術で死んだら獣医に責任が有ります・・・

術前に評価する義務が有るのです・・・


避妊など安全に出来ると書いてるんだから死んだらおかしいでしょ・・・



健康体に対する手術だ、乳腺腫瘍が減るんだ、寿命が延びるんだというなら

術死はおかしいだろ・・・







さて、獣医に殺されたらまずやることはカルテの保存です・・・

これには二通りあります・・・



証拠保全手続きをする・・・

これは裁判所に相談してくださいね・・・



もう一つは、カルテを直ぐにコピーする・・・

写真を撮ってもいいですよ・・・

ビデオなどを持っているならこの方法が早くていいでしょう・・・

カルテのコピーを求めるところからビデオを撮り始めれば

良いでしょう・・・



嫌がったらその場で騒げばいいですよ・・・



カルテのコピーは申し出たらその場で絶対に手に入れて下さい

後日は絶対にダメですよ・・・

改ざんしますからね・・・



その場で手に入れる自信が無いなら裁判所の証拠保全手続きを

してください・・・

絶対に後日はダメですよ・・・・<`ヘ´>









次に死亡診断書です・・・

証拠保全の後で良いですからね・・・

これは義務が有りますから拒否できません・・・



そして、提訴してください・・・

弁護士は必要ありません・・・



手術ミスで殺されたと提訴すれば良いですよ・・・

予期せぬ死亡はほぼ全部獣医のミスと断定できますよ・・・



こういう行動がこれからの獣医療を変えていき

不幸なペットを減らします・・・

殺されるペットを減らすんです・・・



今は死のうが、心臓が持ちませんでした、でお終い・・・

こんなことは初めてだ、でお終い・・・

特異体質だ、でお終い・・・

ミスはない、でお終い・・・

ほくそ笑んでいますよ・・・







避妊で乳腺腫瘍が減るとか、寿命が延びるとかいう嘘が平気なのも

殺したところで責任を問われないと思っているからですよ・・・



今後の不幸なペット、飼い主を増やさないためにも

提訴は欠かせません・・・









死んでも仕方がなかったなどと決して思わないで下さいね・・・

ワクチンで死んでも提訴ですよ・・・



手術後一か月以内の死亡は獣医の責任を疑ってください・・・



関連した文献は以下に↓

犬乳腺腫瘍:愛犬問題vs 獣医

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/36718193.html

犬乳腺腫瘍:愛犬問題>>>獣医

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/36741826.html

犬避妊手術で寿命が延びる?気が狂ったのか!

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37046100.html

犬避妊手術で予防だと:貴方もどうぞ

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37068550.html

犬避妊手術死亡率:獣医の悪質ぶり

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37092475.html

犬猫、獣医の手術死亡は5‐10%\(◎o◎)/!

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37140620.html

犬猫、獣医の手術死亡は5‐10%\(◎o◎)/!2

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37164331.html

犬乳腺腫瘍:避妊で減るかよボケナス

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37742434.html

犬避妊で乳腺腫瘍が減る訳ねーよ、ボケナス2

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37758811.html

避妊で乳腺腫瘍が減るかよ、ボケナス3

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37775177.html

結論:避妊で乳腺腫瘍は減りません.4

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37792740.html





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

koredeiino345

Author:koredeiino345
表題通りです。
医者、臨床医、いくつかの
学会評議員、指導医。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。