FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春:無意味な狂犬病ワクチンで殺されて良いの?

獣医療がいかに無茶苦茶なのかを医療医学の専門家として

論文などを中心に根拠を分かり易く示しながら暴いて

来ました・・・↓

動物関係

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/folder/1144386.html?m=l

間違いだらけの動物病院診療日記―狂犬病ワクチン3

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39344939.html

春、狂犬病ワクチンで殺されるぞ

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38948641.html

いつになったら獣医療の嘘・間違いを正すのか

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38709852.html



獣医共が金の為に、収入の為だけにペットの命を無視して

嘘・間違いを流布しているという事実を医者として

断じて許しません・・・<`ヘ´>



今回から暫くは春に行われる狂犬病ワクチンに関して

全く無意味なこと、その無意味なことで多くの犬達が

死んでいることを示して、皆さんへの警鐘にいたします・・・



今までネット上で語られている狂犬病ワクチンに関する

全ての嘘・間違いについて根拠を示して反論してきました・・・



改めて狂犬病ワクチンが無意味なこと、犬に対してどれ程

危険なのかを示して参りましょう・・・

死んでからでは遅いんですよ・・・<`ヘ´





前回のはここ↓


間違いだらけの動物病院診療日記:狂った無知だな

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39358212.html












では順に解説していきましょう・・・

まず、有る獣医の言葉です・・・

「SARS(重症急性呼吸器症候群)の病原巣となり得るハクビシンも野生化しているようだ。狂犬病にSARS、これから日本は楽しくなるぞ! 海外でイヌ等による狂犬病感染の疑いがあり、帰国後に暴露後接種を受けた方は年々増加しており、2000年には80名に及んだという。

もうすこしすると、わざわざ海外に出かけなくても、国内で感染することが可能になるかも知れない。日本が狂犬病大国になれるのは、そう遠い日ではないかも知れない。」



獣医の気持ちのこもった言葉です・・・

狂犬病が流行して欲しい・・・

楽しい楽しい・・・

収入が増えて楽しいぞ~~~

狂犬病が大流行すればもっともっとワクチン接種率が上がる・・・

ぼろ儲けだ・・・その為には流行して欲しい・・・

こういうことでしょうかね・・・恐ろしいでしょ・・・獣医って



あらゆる嘘で犬狂犬病ワクチンが必要と書きまくる理由が

ここに有ります・・・<`ヘ´>









狂犬病と言えばまず出てくるのが致死率100%の怖い病気だと

言う記載ですね・・・

獣医のHPなどでは殆どこう書かれています・・・



では国立感染症研究所のHPでは狂犬病はどう

書かれているのでしょうか・・・



狂犬病は潜伏期が長いため、ワクチンと抗狂犬病ウイルス免疫グロブリンを用いて曝露後予防(post-exposureprophylaxis: PEP)を適切に行えば、ほぼ完全に発症を阻止できる

http://idsc.nih.go.jp/iasr/28/325/tpc325-j.html





これに関しても免疫グロブリンが日本にはないので

危険だ危険だと書きなぐっている獣医が居ますが

それについては同じページのこちら↓

RIG(免疫グロブリン)は世界的に供給不足であり、90%以上の患者はRIGの投与なくワクチン治療を受けている現状である。

さらにこちら↓

http://idsc.nih.go.jp/iasr/28/325/graph/dt32591.gif

RIGのない場合にWHOが推奨している接種スケジュールです・・・

RIGなしでも安全ですね・・・


さらに先ほどのページに

「狂犬病には安全で有効なワクチンが存在することから、その制御は可能である。」



咬傷後の免疫付与を暴露後予防(PEP)と言います・・・

これで狂犬病はほぼ100%死亡しません・・・



先進国では犬の狂犬病は殆ど制圧されています・・・

日本では60年前の混乱した時代でさえたったの7年で制圧することが

出来ました・・・









獣医にとって狂犬病は怖い怖い病気、致死率100%で

一たび侵入すれば大流行、パニックにならなければ都合が悪い

とにかく怖い怖いと書きなぐるのが獣医の仕事です・・・



しかし、狂犬病の実態は致死率ほぼ0%です・・・


例え狂犬病の犬に噛まれたとしてもPEPさえちゃんと行えば

死ぬことなど有り得ないのです・・・



その上日本で狂犬病の犬に噛まれる確率は宝くじの一等に

何回も連続して当たるくらい低いものです・・・

有り得ません・・・



要するに日本で狂犬病で死亡する確率は宝くじの1等に

何十回も連続して当選するくらい有り得ないことなんです・・・



もう一つ言えば狂犬病が流行していた時代ですら

その死者数は食中毒の死亡数より遥かに少ないものなんです・・・

大流行している時代でさえですよ・・・









狂犬病というのを必要以上に怖がり不必要な犬へのワクチンで

貴方の犬を殺して楽しいですか・・・?



狂犬病という病気がまったく怖いものではないことが

お分かりいただけたと思います・・・



その上今後日本で流行する可能性も全く有り得ません・・・


狂犬病ワクチンが不要な根拠などについても詳述しますが

次回は一体日本でこの不要なワクチンで何頭が殺されているのか・・・



この不必要な犬狂犬病ワクチンで貴方の犬が死んでしまう可能性は

どの程度なのか・・・

論文を示して分かり易く解説して参りましょう・・・<`ヘ´>





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

koredeiino345

Author:koredeiino345
表題通りです。
医者、臨床医、いくつかの
学会評議員、指導医。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。