FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無意味な狂犬病ワクチンで毎年5500頭以上が殺されている

獣医療がいかに無茶苦茶なのかを医療医学の専門家として

論文などを中心に根拠を分かり易く示しながら暴いて

来ました・・・↓

動物関係

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/folder/1144386.html?m=l

狂犬病ワクチン不要27:何度書けば理解できるのだろうか

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38349552.html

間違いだらけの動物病院診療日記―狂犬病ワクチン3

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39344939.html

いつになったら獣医療の嘘・間違いを正すのか

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38709852.html



前回のはこちら↓

春:無意味な狂犬病ワクチンで殺されて良いの?

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39624521.html



前回は獣医共があらゆる場所で書きなぐっている狂犬病は

致死率100%というのが全くのデタラメであること・・・



日本で流行することなど有り得ないこと

さらに居るはずのない狂犬病の犬に噛まれる確率はゼロであり

さらにさらに例え噛まれてもPEPで死ぬことなどないという事実・・・



結局日本で狂犬病で死ぬ確率はゼロであり、宝くじの一等が

100回くらい連続で当たるより低い確率であることなどを

示してきました・・・<`ヘ´>



獣医共の嘘八百には驚かされますが、全て自分達の収入の為に

ペットの命を犠牲にしても平気というのがなんとも

許し難いですね・・・<`ヘ´>



さて、今回もいつもの様にIFのある論文を元に獣医共が

書いている嘘を暴いていきましょう・・・<`ヘ´>



今回は狂犬病ワクチンで殺されている犬の数についてです

獣医の収入の為だけに何頭の犬達が殺されているのでしょうか・・・









論文はこちら↓

Adverse events diagnosed within three days of VaccineAdministration in Dogs, Journal of the American Veterinary Medical Association,Vol 227, No. 7, October 1, 2005

IFは1.7程度 

これはアメリカの不活化ワクチン、日本と同じ不活化ワクチンを用いた検討ですね・・・

それによると狂犬病ワクチンの副作用率は0.25%



次に副作用の内の死亡率はどの程度なのか・・・

A retrospective study on adverse reaction to caninevaccines in Japan J. vet. Med. Sci. 64(9): 851-3, 2002

IFは0.8程度

この論文によると日本における狂犬病ワクチンでは

副作用の内20%が死亡しています・・・



さて登録犬数は多くの獣医が引用している1100万頭とすれば

1100万頭×0.25%×0.2=5500頭


狂犬病ワクチン不要21:殺犬数は年間5500頭

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/37575445.html

狂犬病ワクチン不要18:毎年何頭殺されるのか

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/36979219.html



これに対して獣医共の反論は農水省にデータベースがあるなどと

頓珍漢なことを書いたりしますね・・・

トンデモナイ言いがかりみたいなものですね・・・





そもそも獣医というのは金の為にペットの命はどうでも良いという

人種・・・

嘘が平気です・・・↓

いつになったら獣医療の嘘・間違いを正すのか

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38709852.html

狂った獣医療:獣医の5大詐欺商法by愛犬問題

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/38114064.html



まず、これだけ自分達の収入の為だけにペットの命を犠牲にして

平気な獣医共が自分達が不利になる狂犬病ワクチンでの

死亡報告などをまともに書くはずが有りません・・・

絶対に有り得ない・・・


それに農水省のデータベースは農水省が書いている通り

何の検証もせずにただ獣医の報告を受け付けているだけで

農水省の公式文章でもなんでも有りません・・・



ただ獣医の報告を放置しているだけです・・・



今まで獣医が付いてきた嘘を見ればそれが

全くの間違いであることは明らかです・・・<`ヘ´>



というより5500頭のうちのたったの20頭くらいしか

獣医共は報告せずにゴマカシテいると考えるのが

自然でしょうね・・・

とするとゴマカシ切れずに、逃げ切れずに書かされた獣医が

この程度の人数だったということでしょうね・・・









さらに、農水省の報告ではちゃんとした数字が計算できない、

不可能であると二番目の論文、IFは0.8程度の論文に書いてあります・・・

こんなことは普通に考えれば当たり前の事ですがね・・・<`ヘ´>



尤もこんなところで正直に書くならとっくに狂犬病ワクチンなんざ

なくなってますわな・・・<`ヘ´>









さて、以上より日本において犬狂犬病ワクチンで殺されている犬の数は信頼できる国際的な学術論文より5500頭と計算できますが

実際はこれより多いのではないかと考えられます・・・

理由は一つ目の論文に有ります・・・



この論文は書いた通りアメリカの論文です・・・

大型犬が多いんですね日本よりも・・・



そして、一つ目の論文にも書いていますが↓

「For rabies vaccine administered alone, VAAE rates/10,000dogs that weighed 0 to 10.0 kg, 10.1 to 45.0 kg, and > 45 kg were 32.1(222/69,178), 15.3 (69/45,088), and 0.0(0/1,966),

respectively.」

お分かりの通り体重が多いほど副作用率は低い・・・



アメリカのデータより日本ではさらに副作用率が

高い可能性が有る・・・



そうなるとこの計算で出した頭数の倍程度・・・

もしかしたら1万頭程度が殺されている可能性が

有るのではないか・・・<`ヘ´>



最後に前にも書いた言葉で締めくくりましょう・・・



貴方の犬もワクチンで死んでもいいというならどうぞ

受ければいいのではないでしょうか・・・



目の前で自分の犬が死んでいく姿を平気で見られるのなら

獣医の収入の為だけに打たれている怖い怖い全く医学的には

無意味な狂犬病ワクチンをどうぞ、うてばいいでしょう・・・


次回はさらに詳しく論文を紹介してどういう犬が

狂犬病ワクチンで殺されているのか、そんな悲しい

現実を見て頂きましょう・・・(@_@;)

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

koredeiino345

Author:koredeiino345
表題通りです。
医者、臨床医、いくつかの
学会評議員、指導医。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。