FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂犬病ワクチン:悪質な恐怖商法で殺されるぞ

狂犬病ワクチンは世界中の清浄国で接種されていないものです

狂犬病という病気の性質上必要ないのです・・・

日本でも当然必要ないものなんです・・・



今までネット上で溢れるあらゆる嘘について書いてきました

怖い怖い、パニックパニック、・・・

全部嘘です・・・


こういう嘘で恐怖を煽って接種を推進している団体が有ります・・・

獣医の収入の為だけに行われている狂犬病ワクチンで

多くの犬が殺され、飼い主が泣いています・・・



前回のはここ↓

狂犬病ワクチン:嘘のパニック論で殺されるぞ

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39690976.html



今回はネット上に溢れる嘘の中から飼い犬が殺されるという

恐怖商法の嘘について見ていきましょう・・・



今までのはこの辺り・・・

狂犬病ワクチン不要12・・・ネットの間違い

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/36439787.html

狂犬病ワクチン不要13・・・ネットの間違い

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/36534287.html

狂犬病ワクチン不要14・・・ゴキブリのアホ理論

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/36885131.html

狂犬病ワクチン不要15・・・ゴキブリ獣医のアホ理論

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/36911158.html

狂犬病ワクチン不要16:70%の嘘、愛犬問題>>獣医

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/36930781.html



まずはこの獣医が書いているのを見ていきましょう

多くの獣医が書いている内容です・・・



間違いだらけの動物病院診療日記―狂犬病ワクチン2

http://blogs.yahoo.co.jp/koredeiino345/39331801.html



「また、オーストラリアなどで、狂犬病の予防接種が“禁止”されていることを、“動物愛護”が目的だと勘違いしている人もいるようですが、それは違います。

 つまり、「中途半端に抵抗力を持っていると、病原体が侵入したときに、その侵入を見過ごしてしまう危険性がある」という理由です。

 そのため、あえて個体それぞれを抵抗力を低い状態にしておき、万が一病原体が侵入してきて、症状が出た個体がいたら、速やかにその犬とその地域の犬を、まとめて速やかに隔離し、必要に応じて殺処分する、という考え方です。」



「また、イギリスで、その後予防注射を止めることができているのは、「検疫」がしっかり行われ、「発生したときの対処」も確立しているからです。

 発生したときの対処とは、「万が一狂犬病が発生したときは、発症犬と、発症の疑わしい犬を、直ちに捕獲、隔離し、処分する」ということです。」



「狂犬病注射をしない」ということの意味1

http://blogs.yahoo.co.jp/ponpoko6691535/3355014.html



@@@@@@@@@@@@@@@@@@@


この獣医が書いていることはほぼ全てが嘘というトンデモナイ

獣医でその内容は精神異常者としか思えないものです・・・


今回も全く意味不明の恐怖商法について書かれているので

見ていきましょう・・・



世界中の清浄国で狂犬病ワクチンは接種されていませんが

それは必要ないからです・・・

しかし、それでは日本が必要な理由が無くなります・・・

そこで、獣医共が考え出したのがこのチン論です・・・



まず、オーストラリア(AU)で禁止されていると書いています・・・

根拠を見せて欲しいんですが・・・



確認するためにAUのDAFFに確認した所

禁止はされていないということです・・・



早速嘘を書いていますが、それには理由が有ります・・・



そして、禁止されている理由が、早く発見するためと書いていますね・・・

普通は早く発見できれば対策も早い

収束も早い・・・良いことだらけですがそれでは

日本も必要ないということになってしまいます・・・



それは困る、なんとしても困る・・・



そこで考え出されたチン論が、狂犬病が侵入した場合は

その地域の犬をまとめて殺してしまうんだ・・・



イギリス(UK)はどうして接種しなくてもいいのか・・・

それにも理由が必要ですね・・・



それも、同じように発症犬と疑わしい犬を処分すると書いています・・・



なぜ、AUやUKで狂犬病ワクチンの接種が必要ないのか・・・

それは侵入したときに殺してしまうからだ・・・



日本も接種なしでも良いんですが、その代り、貴方の犬が

殺されるかもしれませんよ・・・

それで良いんですか・・・



そういう風に脅しているのです、この獣医は・・・



全部嘘です・・・

自分の収入の為にこんな嘘をつく獣医は精神異常者です・・・



まず、書いた通りAUもUKも狂犬病ワクチンの接種は

義務付けられていません・・・

必要ないからです・・・

世界中の清浄国で行われている対策です・・・







なぜか・・・

例え侵入してきても流行する可能性が極めて低いんです・・・


最近でもスペインが他国から狂犬病の犬が侵入した例が

有りましたが、その時のスペインの対策は

リードを付けて、その辺の犬はワクチン打ってね・・・

これでお終い・・・

勿論死んだのはその犬だけでその他死んだ人は勿論

犬も全く死んでいません・・・







それに、AUもUKも狂犬病が侵入した時の対策は決まっています・・・

日本の対策も似たり寄ったりです・・・



広報、移動の禁止などですが、まとめて隔離するとか

殺ししてしまえなどという対策は全く有り得ません・・・



それどころかやってはいけないとわざわざ書いています・・・



AUSTRALIAN VETERINARY EMERGENCY PLAN

AUSVETPLAN Disease Strategy Rabies Version 3.0, 2011



Population reduction of susceptible species is not appropriate.

Note: Population control (through culling or stampingout) has

never been an effectivetechnique in the management of rabies.



AUやUKで狂犬病ワクチンが必要ない根拠を動物愛護ではなく

まとめて殺すためだと書いている狂った獣医共・・・



事実無根の他国に対する侮辱です・・・



もう一点は狂犬病が侵入した時に狂犬病ワクチンを

接種していないと殺されるかもしれないというやつ・・・



これも多くの獣医共が書いていますね・・・



これも全く事実無根です・・・


貴方の犬が狂犬病発症が疑われる場合であってさえ

貴方の同意なしに殺されることも、隔離されることも

有り得ません・・・



勿論何の症状もないのに隔離され、殺される、それも

狂犬病ワクチンを接種していないという理由など

絶対に有り得ません・・・



こんな無茶苦茶な恐怖を煽って狂犬病ワクチンの利権を守ろうとする

獣医共は人間のクズという以外に表現が見つかりません・・・



必要のないものを事実無根の恐怖を煽ってあたかも愛犬が

殺されてしまうかの如き情報操作は許されるものでは有りません



狂犬病ワクチンで犬達が殺されていないのならまだしも

年間膨大な数の犬がワクチンで殺されているのですよ

それにその金を他の目的に使えば、例えば盲導犬などの

育成に回せばいいでしょう・・・



それこそ日本中の医者が願うことですよ・・・



全く意味のない狂犬病ワクチン・・・

どんな状況になろうが、狂犬病ワクチンを接種していないからという

理由で隔離、殺されることなど絶対に有り得ません・・・



人間のクズが書いた根拠のないデタラメに過ぎません・・・



狂犬病ワクチンが不要と理解できているHPはこちら↓

動物病院では教えてくれない狂犬病予防の知識

http://dogs.parasite.jp/rabies/rabies_probability.html

愛犬問題

http://plaza.rakuten.co.jp/aikentotozan/6000/








そして、AUやUKに対する侮辱を見つけたら

即刻当該大使館に通報して下さい



イギリス大使館

03- 5211-1100

public-enquiries.tokyo@fco.gov.uk

オーストラリア大使館

03-5232-4111

auscitzreg.tokyo@dfat.gov.au

ニュージーランド大使館

(03) 3467-2271

nzemb.tky@mfat.govt.nz



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
FC2ブックマーク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

koredeiino345

Author:koredeiino345
表題通りです。
医者、臨床医、いくつかの
学会評議員、指導医。

検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。